【入荷のおしらせ】紅型工房べにきちのパネル作品

 

ひさしぶりに沖縄県の「紅型工房べにきち」吉田誠子さんより紅型パネルが4点も届きました。

左より

「フウリンブッソウゲ」

「波間にユウナ」

「Flower」上

「ツバメとブーゲンビリア」下

 

吉田さんの紅型作品は、同じ柄であっても異なる素材・サイズ・配色で染められるので、ほとんどのものが一点物です。

実店舗でもオンラインでも定番人気のポスター「琉球の魚」「琉球の鳥」、そして南国の雰囲気たっぷりのポストカード。

店内がいっきに鮮やかに、夏らしくなりました。

華やかで楽しい絵柄や、素材の違いをぜひ店頭でご覧ください。

 

【べにきちの紅型(びんがた)】

紅型は琉球王朝時代、日本本土や東南アジア・中国の文化を吸収しながら、沖縄独自の染めものとして発展しました。

南国の蒼い空を海、強烈な太陽にさらされる自然をそのまま取り込んだような、鮮やかで大胆な染めものです。

当工房では、古典紅型の世界に学びつつ、べにきち独自の世界観を創造するとともに、手染めの美しさと味わいを感じていただけることを目指しております。

http://benikichi.com/

 

----- 

▼フウリンブッソウゲとハナバチ

生地/麻

寸法/29.5×18.5×2cm

同柄のポストカードがあります 

-----

▼波間にユウナ

生地/麻

寸法/37×29.5×2cm

「ユウナ」は沖縄の海辺の低木に咲く花で、日中は黄色、夕方になるとオレンジになってポトリと落ちます。正式名称「オオハマボウ」 

----- 

▼Flower

生地/絹(赤城紬)

寸法/30×34×2cm

同等の作品を国展に出典されて『奨励賞』を獲得されました。

-----

▼ツバメとブーゲンビリア

生地/絹(小千谷紬)

寸法/29.5×15×2cm

側面部分に「色試し」が入っている大変貴重なものです。