【入荷のおしらせ】イタヤキツネとイタヤ馬

 

入荷のおしらせが続きます。

 

和紙の草履と同じく、Nowvillage(ナウビレッジ)さんにご紹介いたいだいたもの第2弾!

秋田県角館で200年以上前から続く伝統工芸「イタヤ細工」

寒冷地で育つイタヤカエデの若木を帯状に裂いて編まれています。

『イタヤ馬』は郷土玩具として親しまれていて、

壁に飾ったり、足を横に広げて立たせてこともできます。

店頭には同じイタヤ細工の丸かごも2サイズございます。

美しい白木の雰囲気をお楽しみください。

 

〇イタヤ馬/サイズ縦10×横13cmほど

 

 

次は、

とても個性的で存在感のある「イタヤキツネ」

こちらもイタヤ馬と同じ工房で作られています。

イタヤカエデの幹を6等分に裂いて、頭部を彫刻したもの。

結ばれた紐をはずせば、とても素朴なキツネが登場しますよ。

秋田県のお土産としてとても人気で、郷土玩具として飾ったり箸置きとして使われているそうです。

 

〇イタヤキツネ/サイズ直径3~4cmほど・高さ6~7cmほど