【6.15企画】版画工房みのむしのペーパーアイテム

 

ヘリテージでは初めてのご紹介です。

山口県下松市にアトリエを構え版画作品をつくられる版画工房みのむしの三野真紀さん。

ペーパースクリーンという日本生まれの特殊な技法で、一枚一枚一色ずつ刷り重ねてつくられる版画作品。

おもにレターセットやポチ袋などの紙雑貨を制作されています。

 

当店では毎年大人気だという4月はじまりのカレンダーと、

季節の花々が彩られた版画カード、と父の日にぴったりな黄色い野バラのミニカード。

どれも季節や自然を感じる素朴で愛らしいモチーフが魅力です。

また版画特有のあの匂いがなんとも懐かしく、ほっこりしますよ。

カレンダーはすぐに売り切れてしまったのですが、花一輪のカードとミニカードはまだ店頭にございますし、

これからレターセットも納品くださる予定です。

ぜひお手に取って、彼女の丁寧で繊細な手仕事をご覧ください。


版画工房みのむしブログ http://mino64.exblog.jp/