ご実家に建てられた築40年・10坪の離れを改修し、若いご家族が週末を過ごす場所を整えました。

外観は既存のまま・内装のみ設計施工

 



【古家改修工事】宮若市M邸の家づくり①

// Before //

 

8月より福津市のお隣・宮若市にて、新たに古家の改修工事(築40年・10坪)が始まっています。

ご実家の敷地内にある離れを綺麗にして、若いご家族が週末を過ごす場所になります。

まずは解体前の写真より。

建物の外観はそのままに、内側の解体工事が始まりました。

 

 

天井にはウールの断熱材を敷き詰めて、杉無垢材をはって勾配天井に仕上げていきます。

壁には断熱と下地を兼ねて炭化コルクを張っていきます。

 

【古家改修工事】宮若市M邸の家づくり②

 

宮若市にて進行中のM様邸の改修工事現場です。

ご実家の敷地内にある離れを綺麗に改修して、若いご家族が週末を過ごす場所を作っています。

 

 

まずは既存のフローリングと根太を撤去して、新たに根太、羊毛ウールの断熱材、杉無垢の床材を施工していきます。

床のレベルが悪い所は綺麗に直してフラットな状態に。

杉無垢材の床がとても美しいです。

 

【古家改修工事】宮若市M邸の家づくり③

 

宮若市M様邸の古家改修工事の現場より

 

室内にスキップフロア(小上がり)を作っているところです。

左側の箱の内側は、トイレとミニキッチンになります。

 

 

スキップフロアを上がると、もう一段上にロフトができています。

壁には木摺りの下地がはられて、この上にさらに炭化コルクを重ねて、最後に土を塗って仕上げていきます。

 

【古家改修工事】宮若市M邸の家づくり④

 

宮若市で進行中の古家改修工事の現場です。

 

室内の壁に下地となる炭化コルクがはられて、土を塗る作業が始まりました。

この材料となる土は、まさにこの建物のすぐ横の庭で堀ったもの。

今回は左官職人の指導のもと、お施主さん自ら壁に土を塗っていきます。

 

【古家改修工事】宮若市M邸の家づくり⑤

【古家改修工事】宮若市M邸の家づくり⑥

 

// After //

 

数ヶ月間かけて進めてきました宮若市M様邸の古家改修工事(築40年・10坪の離れ)が終了しました。

施主様ご家族みんなで塗って仕上げた土壁も綺麗に仕上がり、明るくて気持ちのいい空間に変貌を遂げました。

今からここに薪ストーブが据えられて、ご家族がゆったりと週末を過ごす場所になります。

山のうえの見晴らしの良い場所にあって、おじいさまが綺麗に手入れをされている広大な庭も素晴らしく、きっと充実した週末になることと思います。

この場所で過ごす豊かな週末を想像しただけでうらやましい!ですね。

 

M様この度は弊社へお声掛け頂き有難うございました。

 

 

 

こちらにも写真をたくさん掲載しております。

あわせてご覧ください。

https://www.heritage-archigram.com/住宅デザイン/2021-週末の家-古家改修-宮若市/