春の庭

福津に移住してきてすぐの頃、なにげなくお邪魔した宮司にある植木屋さん。今ではわが家にとって心から信頼できる・なくてはならない存在に。社長さんをはじめ皆さんがとても気持ちよく仕事されていて何といっても知識が深い。これまで何本も大きなものを買わせてもらったので、うちの環境(日当たりや海風など)を知り尽くしていて、先日も「こんな木を探してるんです」と相談に伺ったところ、「お宅にぴったりなのがあるよ」と躊躇なく3本安く譲ってくださいました。

 

その植え付けに来てくださった先週末、「この木はこの場所よりあっちのほうがいい」「こんな栄養のはいった土を撒きなさい」「木は手をかけた分応えてくれるからちゃんと面倒みて育ててくださいね」と細かく色々アドバイスしてくださいました。ありがとうございました!今まで奥に植えてあったエゴノキを前面の目立つところに植え替え、風のあたらない穏やかな場所に新しく購入したイタヤカエデを、新緑がとても綺麗です。エゴノキの横にはこちらも新しく購入した大きなヤマテラシの株立ちを、常緑なうえに紫陽花に似た白くて小さな花が咲いて見事です。自宅玄関前にも探していた常緑のヤマボウシを、夏に白い花がびっしり咲きます。

そして駐車場の入り口から店の玄関まで新たにアプローチを設けたので、わかりやすく歩きやすくなったと思います。道ができるとビシっと締まってとても良い雰囲気です。これまでに植えた枝垂れ柳やトネリコも一層大きく育ち、家の中にいても緑に囲まれとても気持ちがいい。これからさらに緑が旺盛になって夏には木陰ができ、木漏れ日が綺麗でしょう。

 

 

 

枝垂れ柳も新芽がぐんぐん開きその重みで良い感じに枝垂れてきました。まるで緑のカーテンのようです。

 

 

ドウダンツツジは先日の雨風で花がほとんど落ち、葉っぱがいっきに開きはじめました。これは成長が早いのでどんどん剪定して室内に飾るつもりです。

 

今はコデマリ(上)とオオデマリ(下)が満開で、たくさんの白い花が風に揺れてそれはそれは美しい光景。こちらも先日の雨風で結構痛んでしまったけど、まだまだ元気です。

 

旺盛に育ったオオデマリを剪定して室内へ。花をあつかっている時間は心を穏やかにしてくれる、そんな気がします。長男が生まれてから5年半ずっと小さな子がそばにいる生活だったので、こんな時間に心から憧れていました。次男も園に通い始めた今、何よりも一番にしたかったのがこの庭仕事。今まで育児最優先で広大な庭になかなか気持ちが向かず放置していましたが、これからは毎日ちょっとずつでも庭に出る時間をつくって、丁寧に手入れをしていきたいと思います。