100年の光


今日は所用で若松へ。写真は大正時代に建てられた上野ビル。そう、わたしたちヘリテージがここ福津に移住してくるまでお店を構えていた場所です。築100年を超える洋館で、当時撮った写真を見返して本当に美しい所にいたなぁと改めて感動します。ヘリテージのはじまりの場所です。

 

さて、今からまさに店舗二階の工事に取り掛かろうとしている我々ですが、その勉強と趣味を兼ねて年末年始に拝観できる洋館や邸宅を見てまわりました。柳川市の御花や飯塚市の旧伊藤伝右衛門邸など。贅を尽くし細部にまでこだわりの宿る素晴らしい建物群。それらのあまりの美しさとエネルギーと完成度の高さにただただ圧倒されました。ただ圧倒されたのではなく、本物を見たからこそ私たちが目指すもの・やるべきことも明確になったような気がします。若い頃から明治大正期の建物が好きで、でも多くを語らない夫の頭の中身が、夫が見ている未来の景色が、私にもすこし見えたような。だから私も最近(今更ながらに)古い建物の写真集を読み漁っています。これが結構、いやかなり面白いんです。今日も子供達が眠りについた今から堪能しようと思います。