【宮若市T邸の家づくり⑯】コの字の家

宮若市T邸の玄関からつづく廊下部分です。右側に壁も天井も杉無垢張りの寝室、廊下を進み右側にトイレと手洗い場、その奥に和室、そして廊下の突きあたりを左にはいると、土間と広いLDKが広がります。

 

寝室と玄関からつながる納戸です。こちらも寝室同様、壁・天井は杉無垢に包まれています。

 

玄関からつながる廊下の先に広がるLDKです。広いロフト下のキッチン部分からリビング側を撮影しています。左端にある小さな窓が廊下の突き当りで、その奥の小部屋が和室、左手前の一段下がっているところが土間。

 

土間の大きな窓からは気持ちよい田んぼの風景がひろがります。

 

リビングの天井は吹抜けになっていて解放感が気持ちいい。

 

写真ではわかりづらいのですが、廊下の上の部分になるところも細いロフトになっていて、和室の屋上に出れるようになっているのです。天井の両側が勾配になっています。(板の張り方が変わっているところ)

 

キッチン奥の廊下から洗面所・脱衣所・浴室へつづきます。「コ」の字型に家が建っているのがわかりましたか?どの部屋にいても風がとおり光が降り注ぐよう設計しています。

 

【宮若市T邸の家づくり⑮】LDK天井

宮若市T邸、リビングダイニング・吹抜けのロフトにあたる部分の天井です。杉(柾目)の無垢材がはり巡らされており、下から見上げると思わず「おぉ!」と声が出ます。

 

リビング側からダイニング・キッチンを臨む。ロフト下がキッチン、右の奥にパントリー(食品庫)左奥には、廊下・洗面室・脱衣室・浴室、と続きます。

LDKの壁は最後に漆喰で仕上げていきます。

 

こちらは玄関横にある寝室。壁も天井もぐるりと杉の無垢材に包まれています。

 

ふんだんに使われた無垢材がとても美しい。

 

右側の玄関棟と左側の浴室がある棟、写真ではわかりづらいですが外壁の無垢板のはり方を変えてあります。二階部分は(現在は下地になる木摺り板の状態)最後に登場する左官職人の塗り壁になります。立派な建物です!