【入荷のおしらせ】活版印刷のクリスマスカード

▲活版印刷のクリスマスカード(カード1枚+封筒1枚)¥432

 

大阪の大枝活版室よりクリスマスカードが届きました。ブラウンベースのものと、ネイビーベースのものがございます。大切な方へのプレゼントに添えて、そのままインテリアとして飾っても。シンプルで優しいデザインと活版印刷のこっくりとした凹凸がかっこいい一品です。

 

【宮若市T邸の家づくり④】いよいよ基礎工事スタート

8月、古家の解体工事を終えた宮若市に新築戸建を建築予定のT様ご夫妻。月に2.3度程、毎回数時間にわたるみっちりとした打ち合わせを重ねています。聞きなれない言葉や難しい説明もあると思いますが、時間をかけて粘り強く夫の話に聞き入ってくれています。30代前半のご夫婦ですが、暮らしや住まいに大変興味が深く、とてもこだわりをもって家づくりに取り組んでいらっしゃいます。そして今日から宮若市の新築現場では基礎工事がスタート。年明けにはいよいよ棟上げです。

 

【入荷のおしらせ】紅型工房べにきちのポストカード

▲紅型工房べにきちポストカード¥216(税込)左より「トゥラーとダルマ」年賀状におすすめ!「ブーゲンビリア藍」「ブーゲンビリア」「夏の雲」「木立」「流水に鳥」

 

待ちに待ったものが入荷しました!沖縄県瀬底島に工房を構える「紅型工房べにきち」吉田誠子さんより新作のポストカードが届きました。以下べにきちさんのブログより引用します。「和紙に染めたものを、和紙っぽい風合いの上質な紙に再現することで、手染めの風合いも漂う仕上がりになりました。」上質な紙に印刷されたのでとても美しく上品な仕上がりです。ご本人も仰る様に本当に手染めのような風合いです。べにきちさんお馴染みのオリジナルデザインですが、福岡県ではここ当店のみでお初にお目にかかれますよ。とても素晴らしい作品です、どうぞお手にとってご覧ください。

 

11.28 今日の店内

おはようございます。ここ数日気温が高く過ごしやすい日が続いています。今朝は重い腰を上げて窓ふきしてリフレッシュ、めんどくさいと思っていたこともいざやってみると案外たいしたことなかったりします。店内一番奥のこの部屋は朝の光がほんとうに美しい場所。ついカメラをむけてしまいます。

 

染付の器が美しい喜器窯・吉田崇昭さんのコーナー。ちいさな豆皿に皆さんうっとり。思わず手に取りたくなる美しさです。

 

クリスマスのカードやポストカードなどの紙ものの入荷が続いています。 

 

寒い日にはこのちいさなストーブがふんわりと部屋を暖めます。

 

よつめ染布舎と大枝活版室の2018年カレンダー。どちらも大変好評で、残り少なくなってきましたよ。今週末にはもう12月、今年も残りわずかですね。年末年始はすこし長めにお休みを頂こうと思っています。クリスマスや年の瀬・新年のご挨拶に贈りものを、考えておられる方はお早めにご来店ください。今週も皆様のご来店を心よりお待ちしています。

 

【入荷のおしらせ】よつめ染布舎のポストカード

国東半島のよつめ染布舎よりポストカードが届きました。オリジナルデザインのカレンダーが毎年好評で、素朴で懐かしい風合いの絵柄がとても素敵なのです。デザイナーの小野さんは広島県の出身。なので、「宮島」「厳島神社」など故郷広島にまつわる作品も多く手掛けられています。真っ赤なクリスマスカラーの「ノマド」はメッセージカードにぴったり。

ヘリテージオリジナルのポストカードフレームに飾って、アートとして楽しんでみませんか?

▼ポストカード¥200

▼ポストカードフレーム¥4.500

 

【古家リノベーション】津屋崎の現場

現在、弊社では福津市津屋崎と北九州市八幡西区の二箇所で古家のリノベーション工事を進めており、夫はふたつの現場を行ったり来たりでめまぐるしい毎日です。写真は津屋崎の現場。10月から解体工事が始まりました。床下と天井にはウールの断熱材を敷き詰めて、耐震補強工事も済み、これから内部の仕上げに入って行きます。こちらは御施主さん自ら壁の漆喰を塗る予定で、ご夫婦でその下地作りをしているところ。漆喰を塗る前にその下地として、寒冷紗(かんれいしゃ)という素材をこんにゃく糊で石膏ボードにはっていく作業。この寒冷紗が無ければ漆喰を石膏ボードに塗れないのです。通常は下地処理剤を使うことが多いようですが、自然素材にこだわる(綿とこんしゃくという素材)弊社ではこの方法で工事を進めています。

 

 

【入荷のおしらせ】鬼丸豊喜窯より

おはようございます。昨日は東峰村の小石原焼鬼丸豊喜窯へ買い付けに。最近めっきり寒くなった福津市ですが、山の上の小石原はさらにさらに寒かったです。前日は初雪が降ったそうですよ。人気のどんぶりやお茶碗、コップ類をおもにセレクト。本日より店頭に並んでいますので是非ご覧ください。今週も皆様のご来店をお待ちしています。

 

大枝活版室の2018年カレンダーとheritageオリジナルスタンド

先月入荷した大枝活版室の2018年カレンダー。それとあわせて、ヘリテージオリジナルの木製スタンドを作りました。店頭にスタンドのサンプルをずっと飾っていて、たくさんのお客様に熱望されていたのでした...。遅くなりまして申し訳ありません!いよいよ製品が完成しましたので、本日から店頭に並んでいます。材質も数種類ありますので、お好きな色味のものをお選びいただけます。もうすでに活版カレンダーをご購入頂いた皆さん、ようやくスタンドの発売となりますのでどうぞお店に寄られてくださいね。

 

▲大枝活版室2018年カレンダー 価格 / ¥1.290 サイズ / 10×18.5cm 木製スタンドが無くても、マスキングテープで貼ったり、クリップで挟んだり、ピンでとめたり、穴をあけて紐を通したり、工夫次第でいろいろ楽しめるカレンダーです。

▲heritageオリジナルカレンダー用木製スタンド 価格 / ¥2.500 サイズ / 11.5×27cm

 

背面は真鍮の棒一本で支えています。

 

版画工房みのむしの版画カレンダー。もう今年度分(2017年4月~2018年3月)は完売してしまったのですが、こちらも横幅が同じなので、上の木製スタンドにぴったりとおさまるのです。来年3月に2018年4月はじまりのものが入荷しますので、是非覚えておいてくださいね。

 

耕窯「毎日のうつわ展」終了しました。

9日間に渡り開催いたしました耕窯「毎日のうつわ展」無事に終了しました。期間中ご来場くださいました皆様、そして過去に無い程の作品をを作ってくださった耕窯の水口耕一さん沙織さん、本当にありがとうございました。最後の最後まで見応えのある素晴らしい展示になりました。少数ではありますが引き続き耕窯のうつわをご覧になれます。期間中に来れなかった方や買い足したいという方がおられましたらどうぞお気軽にご来店ください。週も皆様のご来店をお待ちしています。

 

【臨時休業のおしらせ】11月19日(日)は誠に勝手ながら臨時休業とさせて頂きます。どうぞよろしくお願い致します。

 

「毎日のうつわ展」あと2日!

耕窯作陶展は12日(日)まで!

展示替え

耕窯作陶展「毎日のうつわ展」、今日の定休日に展示替えをしました。まだまだたくさんの器が並んでいますよ。明日から6日間、休みなしで営業しますので是非会場へお越しくださいね。

 

よつめ染布舎の型染ランチョンマットに食パン皿をコーディネート。楽しい朝ごはんの風景です。

 

今回の作品展のDMに使用した菊花の大皿。クリーム色のものは初日にすぐに完売してしまったのですが、今追加の納品にむけて新たに作っていただいているところですよ。

 

じわじわ人気の2018よつめ染布舎かれんだ。日本の四季があふれるたのしいデザインを見て皆さんほっこり、癒されてます。「日本人で良かったなぁ。」心からそう思えるカレンダーです。一家に一冊ぜひどうぞ。

 

常設のコーナーもいつも通りにご覧いただけます。「毎日のうつわ展」はヘリテージにて11月12日(日)まで開催中!

 

耕窯「毎日のうつわ展」はじまりました。

人気の豆皿シリーズ。すべて¥1.080 

 

「毎日つかいたい藍染めバッグ」もまだまだあります! 

 

耕窯「毎日のうつわ展」明日からです!

 

こんにちは。昨夜からついさきほどまでかかって大体の会場準備が終わりました。あとは細々した作業と掃除を残すのみ。新作も多数あり、どれも使いやすく素敵な器ばかりです。見応えたっぷりな「毎日のうつわ展」いよいよ明日10時よりオープン致します。全体ではたっぷりな量ですが、個々の数が少ないものもございます。気になるものがある方は早めにいらしてくださいね。皆様のご来場を心よりお待ちしています。

 

【お店からのお願い】

店内には作家さんからお預かりしている大切な作品、乱暴にあつかうと割れやすいもの・破れやすいもの・壊れやすいものを多数展示しています。お子様連れの皆様は、必ず抱っこをするか小さな手と目を離さぬようしっかりと手を握ってご覧ください。皆様が気持ちよくお買い物ができますようご理解とご協力をお願い致します。

 

耕窯より作品が届きました!

つい先ほど耕窯水口さんが直接届けてくださいました。すぐに帰ってまだ追加分を作られるそうです。楽しみです。今日の閉店後から明日にかけて、いよいよ会場設営です。そのため明日は終日臨時休業となりますのでどうぞよろしくお願い致します。