DIARY 2017/08

東峰村の鬼丸豊喜窯に行ってきました。

夏のこの時期、嘉麻市の果樹園で梨をたくさん買って、たまご屋さんでランチをして、小石原の鬼丸さんのところへ行くのがわが家のドライブコース。昨日は天気も良く最高のドライブ日和でした。あの7月の大雨災害からもうすぐ2ヶ月がたとうとしていますが、秋の民陶むら祭りの開催が決まったそうで、どこの窯元さんも頑張っておられるそう。民陶祭は10月7~9日の3連休に開催されます。小石原焼のファンの皆さんはたのしみですよね。

 

山の上の小石原は福津よりも温度が5度くらい低くって、とても涼しかったです。

 

長男は保育園なので、次男だけ連れて行くのですが、いつもアイドル並みの扱いを受けて窯元のおとうさん(鬼丸豊喜さん)とおかあさんにとても可愛がっていただいてます。

 

今回買い付けてきたうつわたち。早速本日から店頭に並んでいますよ。今回の目玉はしのぎの花器!重さもじゅうぶんだし花を活けやすそうですよ。

 

【入荷のおしらせ】ポスター「琉球の魚」

この度新たに、「紅型工房べにきち」吉田誠子さんの紅型風ポスターを取り扱わさせて頂けることになりました。沖縄県の瀬底島に工房を構える吉田さん。紅型(びんがた)とは南国沖縄独自の染色の技法で、南国の青い海と空、強烈な日差しにさらされる自然をそのまま取り込んだような、鮮やかで大胆なデザインと色使いが魅力です。ポスター「琉球の魚」は、元は綿麻混合の生地に染められた吉田さんの紅型作品。それを拘りのスキャンと印刷技術でポスターとして再現したもので、近づいてみると生地目も綺麗に再現されています。多色ながらも落ち着いた色味なので、インテリアにも自然になじみます。贈りものにもおすすめしたい、楽しく美しい作品です。是非ヘリテージ店頭でご覧ください。

 

 

▲紅型工房べにきち http://benikichi.com/ ポスター「琉球の魚」¥1.620(税込)サイズ A2(51×72cm)木製フレームは別売り・受注製作となります。

 

【入荷のおしらせ】よつめ染布舎の型染いろいろ

おはようございます。今日も朝から暑いですねー。大分の旅から戻ってきたら暑さがぶり返してるような気がします...。でも、ここ福津市勝浦は夏の景色が最高に美しいところです。週末もぜひお立ち寄りくださいね。さて、店頭にはよつめ染布舎より新商品が入荷しましたよ。人気の袱紗や名刺入れも新柄が登場です。そして今回私がすずめ草で一目ぼれした型染のテーブルセンターが2点のみ入荷しております。玄関の下駄箱上に置いて季節の花やお気に入りのものを飾っても良いですね。ぜひ店頭にてご覧ください。

 

▲コースター¥1.200
▲ぽち袋¥380
▲名刺入れ¥3.200~3.500
▲袱紗¥4.200
▲テーブルセンター¥2.270~3.020

国東半島、すずめ草へ。

「よつめ染布舎」「よつめデザイン」の小野豊一さん、そして奥様で陶芸家「美器」の岡美希さん。おふたりの自宅兼工房・ギャラリー「すずめ草」へ行ってきました。古い民家に所狭しと鮮やかでエネルギッシュな作品が並び、ふたつの個性がバランス良く調和したそれはそれは楽しい空間。あっちもこっちも気になって写真たくさん撮ってきました。おふたりのパワフルな世界、たくさんの写真とともにご覧ください。

 

この日、よつめ染布舎の型染アイテムを少し選ばせていただきました。販売の準備ができ次第、ご紹介しますね!

 

▲すずめ草

大分県国東市国見町伊美2525-1 オンラインショップにてふたりの作品を購入できます。https://suzumegusa.stores.jp/

今日の店内

お盆期間中もご来店くださりありがとうございます。日中はまだまだ暑い日が続きますが、朝晩は涼しく感じる時間も増えて少しずつですが確実に秋の気配を感じるようになりました。このまま昼間も過ごしやすくなると良いですね。残り少ない夏の日を楽しみたいと思います。

 

【入荷のおしらせ】鬼丸豊喜窯の4.6寸鉢

▲4.6寸鉢(14cm)¥800

 

 

【入荷のおしらせ】鬼丸豊喜窯の四寸皿と四寸鉢

▲四寸皿(12cm)¥450

 

▲四寸鉢(12cm) 左¥600 右¥1.200

 

【入荷のおしらせ】鬼丸豊喜窯の七寸皿と八寸皿

▲七寸皿(21cm)¥2.000

 

 

▲八寸皿(24cm)¥2.500

 

 

【入荷のおしらせ】鬼丸豊喜窯の蕎麦猪口

▲蕎麦猪口 上飴色2点 ¥1.000 下グレー系2点 ¥600

 

 

【入荷のおしらせ】鬼丸豊喜窯のカップシリーズ

▲左 カップ&ソーサーのセット ¥1.800

▲右 マグカップ ¥1.800

 

 

▲上 細長コップ ¥600

▲下 豆鉢 ¥800

 

細長コップはこどもがとても使いやすいサイズです。

勢いよくぐびぐび!こぼさず・落とさず飲めますよ。

 

【入荷のおしらせ】鬼丸豊喜窯の豆皿シリーズ

▲豆鉢¥350

▲豆皿¥350

 

人気の豆皿シリーズ。

いつも入荷するとすぐに売り切れる人気の品です。

 


【入荷のおしらせ】鬼丸豊喜窯の飯碗

▲飯碗¥800

 

 


▲一服碗¥800

 

 

【入荷のおしらせ】鬼丸豊喜窯のうつわが並びました。

東峰村の鬼丸豊喜窯に行ってきました。

この度の九州北部豪雨災害に際し、お亡くなりになられました皆様のご冥福をお祈り申し上げますとともに被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。7月の豪雨からもうすぐ1ヶ月がたとうとしています。当店で取り扱っております小石原焼の鬼丸豊喜窯元も、その豪雨で大きな被害のあった東峰村にあります。あの日以来ニュース報道を見ては胸を痛め、なかなか鬼丸さんに連絡をとれないでいた私たち。やはり電話やメールじゃなくちゃんと会いにいきたいとずっと思っていて、定休日の昨日、ようやく足をはこぶことができました。

 

福津市から、宮若市→飯塚市→嘉麻市→東峰村と経由して行ったわけですが、嘉麻市から小石原に向けての山をのぼるあたりから緊張が走ります。もしかしたらこの大きな道も被害にあったかもしれませんが、昨日はすでに普通に通行できて道の駅小石原まで到着。そこにはいつもと変わらず新鮮なお野菜や果物が売られ、ギャラリーには小石原焼のやきものがずらりと。いつもと変わらず元気に営業されていました。

 

さて、少しほっとしたところで道の駅からほど近い鬼丸豊喜窯元へ。

 

鬼丸のおかあさんがいつもと変わらない元気なお姿で、あの日あったことや、それからずっと息子さんが村の消防団として手伝いに行っていること、おとうさん豊喜さんも被害の大きかった窯元さんの手伝いに行っていること、などたくさんの話をしてくださいました。とにかく鬼丸さんちは大きな被害もなくいつも通りに生活も仕事もできているとのこと。本当に会いに行って良かったです。

 

鬼丸さんところと同様、いつも通りに電気をつけて営業されている窯元さんも多く見受けられましたし、道の駅には小石原の焼きものがずらりと並んでいますのでボランティアには参加できなくても、「買い物」という形で支援はできます。私たちもまた小石原に足をはこびたいと思います。昨日は少しですがまた買い付けさせて頂いたので、また日を改めてご紹介しますね。

 

鬼丸さんのところを後にして朝倉・うきは方面を向かいました。その道中、流木や土砂が堆積していたり、いまだ手つかずの場所であったり、田んぼや川がえぐられて地形が変わっていたり、目を覆いたくなるような場所もまだ多くたった数メートルの違いでこんなに違うものかと自然の驚異を目の当たりにしました。夕方近くまた大雨が降りだして、帰路、全面通行止めになるなど、いつもよりかなり時間をかけて家にたどり着きましたが、本当に行って良かったし見て良かったです。これから私たちにできることを真剣に考え、支援を続けていこうと思います。