【入荷のおしらせ】よつめ染布舎のギフトボックス

まだまだよつめ染布舎の新作ご紹介がつづきます。次はオリジナルデザインのギフトボックス。型染作家でありグラフィックデザイナーでもある小野豊一さん自身がデザインされた贈答用の箱です。てぬぐいやベビースタイ、袱紗などがぴったりとおさまるサイズの素朴で愛らしいギフトボックス。こんな贈りものがもらえるとうれしいですね。

 

▲ギフトボックス / よつめ染布舎¥400

【入荷のおしらせ】よつめ染布舎の型染がまぐち

入荷したばかりの商品をご紹介。大分県よつめ染布舎さんより型染のがまぐちが届きました。手のひらサイズ(口径10×深さ10cm)でかわいいうえに機能的。4柄ありますのでお好みのものを見つけにいらしてくださいね。

▲型染がまぐち¥3.700~¥3.900

 

【入荷のおしらせ】耕窯の菊花シリーズ

耕窯・水口耕一さん沙織さんご夫妻より人気の菊花シリーズがとどきました。サイズが3種類あってどれもとても使いやすく素敵です。写真ではわかりづらいですが、違う釉薬をつかって焼き上げたものもあり微妙な色味の違いを楽しめます。ぜひお気に入りを見つけにいらしてください。

 

▲菊花皿 / 耕窯

大(17cm)¥3.000 中(13cm)¥2.000 小( 9cm)¥1.200

5月20日

おはようございます。清々しいお天気の土曜日。窓を全開にして営業しています。写真の上げ下げ窓は夫作。昔、電車の中でよく見かけましたね。店内の建具はすべて夫がデザインし製作したものです。ご来店の際はそんなところもチェックしてみてくださいね。本日も17時までオープンしています。

 

【庭づくり】家とともに育つ庭

春を彩ってくれた花々が散り、新緑がまぶしく煌めく五月です。お客様とよく庭の話になるので、ひさしぶりに庭づくりについて。わが家はなぜかよく「古民家をリフォームされたんですか?」と聞かれますが、まったくの更地にいちから建てた新築の建築物です。なので、庭もゼロから自分たちで造っている最中。と言っても庭に関しては素人なので、専門書やインターネットで独学で勉強しつつ手探りで、今はおおきな植木だけは造園屋さんに植えてもらっています。

 

素人なりの庭づくりもいよいよ2年目に突入。はじめは自分たちで植えた木がちゃんと根付いて大きく成長するのか心配だったけど、どうやら大丈夫だったようで、2年目にはいってからぐんぐん枝を伸ばし葉を広げて日に日に大きくなっています。特に西日が強いこの場所には、成長が早くドングリの実がなる「コナラ」を植えました。冬の間は落葉し寂しかった木にも、びっしりと新芽が芽吹き店内に気持ちのいい木陰をつくってくれています。

 

店内から見たコナラの木。何とも言えないふんわりとした心地いい光が降り注ぎ、良い感じの木陰をつくってくれています。強すぎる西日も遮ってくれて、まさにカーテンいらず。ここで商品撮影をすると、煌めく玉ボケが美しい写真が撮れるんです。

 

表側の庭も新緑がぐんぐん成長して、緑のグラデーションが旺盛です。4月はオオデマリやコデマリ、芝桜、チューリップなどが華やかに咲き誇ってまさにカラフル!な庭でしたが、今は緑が本当に美しい。グランドカバーに植えたヒメイワダレソウが昨年よりさらに早いスピードで成長していて、これから夏に向けてかなり手入れが必要になりそう。他にも大きくなることを想定して植えたけど、その予想以上のスピードで成長してる部分もあるのでまだまだ課題は山積みです。そういったことも全て経験するからわかること。庭も家も家族もいっしょに育っていこうと思います。

 

ちなみにこれは2016年3月に撮影した庭。図面をもとに、事件現場のように紐を張り巡らして位置確認しつつ、ひとつひとつ石を置き、草木を植えていきました。あーなつかしい。よくこの状態から今までがんばったなぁ...。ここをこうしたい、あそこをあーしたい、と悩みが尽きませんが、どれもこれも楽しい悩みです。わが家の庭づくり、つづく。

 

5月7日


連休中も連日たくさんの方にご来店頂き誠にありがとうございました。お近くの方がいつものように来てくださったのも嬉しかったですし、「帰省したらここには必ず!」とわざわざ県外からたずねてくださった方も多く、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。明日は定休日、また火曜日から新たな週がはじまりますが、5月11日(木)から13日(土)までお休みをいただき、すこし東の方へ仕事を含む家族旅に出ます。ご来店の際はご注意くださいませ。