【庭づくり】春の訪れ

 

すっかり更新が滞ってしまいました。山間部というか僻地に住んでいるのでなかなかWIFIの調子が悪くついついPCから遠ざかっておりました...さて、新店舗の内装工事と並行して庭づくりもすすめています。実家の家族や親戚の力も借りて、植木も1本1本自分たちで植えています。先日、ふらりと立ち寄った津屋崎の植木屋さんでとても素敵な木に出会いました。大きな大きなシダレヤナギです。夫婦で一目惚れして即決購入、これは大きすぎるのでその日のうちに植木職人さんに植えてもらいました。

 

 

新緑が気持ちよくて、寂しかった庭がいっきに華やかになりました。わが家のシンボルツリーです。画像のモルタル仕上げ(グレーの部分)と柿渋板(茶色の部分)の建物がお店になります。左側の大きな開口が店の入口になりますが、建具はこれから製作のためこれは仮の姿。今週は建具製作週間だそうで、朝から晩まで大量の木を加工し続ける主人です。そして、落葉した状態で植えた木々もここ数日のあたたかさで一気に新芽をつけ始めました。自分たちの手で植えた木々、ちゃんと根付くかどうか心配していたけれどこうしてちゃんと芽を出してくれました。手作りの庭、こんな当たり前のことがとても嬉しいです。

 

サルスベリ、エゴノキ、アラカシ、スダジイ、シラカシ、紅梅、カエデ、カツラ、ヒメシャラ、ハナミズキ、四季咲きモクセイ、ギンバイカ、ソヨゴ、オオデマリ、コデマリ、ユキヤナギ .....他にもたくさんの木や花、ハーブを植えました。しっかりと成長し、緑があふれる庭になりますように。数年後の姿を想像するとわくわくします。

 

【移転新築工事 52】二階の床

 

現在、新店舗2階部分の床材をはっています。予算もとっくに限界を超えているので、今もっている材料で・自分たちで出来る工事を。この床材は前記事の雑貨コーナーと同じもので張り方を変えてあります。それだけで雰囲気がかなり違ってみえます。2階はこのサイズのスペースがもうひとつ奥に広がります。

そちらもまた同じ材料で・違った張り方で施工しています。天気が良い日は田園風景と玄界灘まで見渡せるとても景色のいい2階。ここではイベントや展示会、ワークショップ、何か表現活動をされている方にレンタルで使って頂けるようなスペースに、将来的には喫茶室もしてみたいな、なんて夫婦の夢は広がります。

 

【移転新築工事 51】第三の部屋

 

現在、新店舗の内装工事を進めています。お店はおもに四つのエリアにわかれており、ここは一番奥にあたる第三の部屋。第一と第二の広々とした空間にはヘリテージのオリジナル家具をならべます。第四の部屋は階段をのぼった2階で、とても景色が良く展示会やイベントに使用したいな、と今のところ考えています。ここ第三の部屋は最も狭いですが、ヘリテージの木製小物や器や布もの・紙ものなどの細かいアイテムをぎゅっと並べる予定です。照明も落とし気味でかなり落ち着いた空間になるのでは。完成のイメージは主人の頭の中にのみあるので(この画像はまだ未完成です)、この部屋を任される私はとてもワクワク楽しみなのです。建具もすべてデザインからこだわって自ら製作するつもりなのでとても時間がかかります。それでも、一生に一度のマイホーム。自分たちが納得できるような完成を目指して、焦らず前向きに頑張っていこうと思っています。

 

今年もまた

 

今年もまた佐賀市12(ドゥーズ)にてカッティングボード展をさせて頂くことになりました。昨日はそのために店主二人がはるばる佐賀から訪ねてくださり、いろいろ話をする中でたくさんのお客様からまた開催してほしい!とのお声を頂いてると嬉しい言葉をいただきました。展示会の準備と新店舗オープンの準備と、慌ただしい日々が続きます。肝心の新店舗についてですが、なんとか四月中にはオープンできるよう奮闘しています。幸い三月にはいりポカポカ陽気に恵まれて、気持ちよく仕事を進めております。やっぱりあたたかいと体もよく動くし仕事もはかどりますね。心配していた息子の保育園問題も無事に入園がきまって、ほっと一安心。4月中のオープン、6月のカッティングボード展にむけて走り抜けます。