【移転新築工事㊿】三和土の玄関

 

今日は左官屋さんと当店主人のふたりで三和土(たたき)の玄関をつくります。材料をいろいろ準備していよいよ作業スタート!っとその前に「三和土」について少しネットで調べてみました。赤土や砂利に消石灰とにがりを混ぜて練り、塗って固めた素材のことをいうそうでこの時に三種類の材料を混ぜることから「三和土」と書くそうです。へー!

 

▲叩くための道具と材料いろいろ

 

 

 

赤土や石灰やもみがら、にがりなどを左官職人江口氏が独特の配合で混ぜ合わせていきます。そしていよいよ玄関スペースに材料を敷き詰めていきます。まずは土台となる大小の砂利から。それ以降少しずつ材料の配合を変えながら「敷き詰める→ひたすらパンパン叩いて固める」を繰り返します。15センチくらいはあったでしょうか、約7時間かかって目標のラインまで到達しました。最後は江口氏が綺麗に整えてくれて本日の作業は終了。

 

これから数日間はやり方を引き継いだ主人が叩いて整える作業を続けます。数日あれば表面だけは乾くそうですが、全体がしっかり乾くには1か月くらいかかるそう。今後どんな風に変化するのか楽しみです。

 

【移転新築工事㊾】赤土壁と玄関のレリーフ

 

左官職人の江口さんよりなななんと!玄関の照明にあわせてレリーフ(装飾)を施してくださいました。これは全く計画になかったので家族でビックリ、大感動でした。翌朝明るい時間に見るとまた雰囲気が違ってうっとり。自然素材でつくる美しい手仕事!江口さん、ありがとうございました。

 

左官/ LODO WORKS 江口征一

建具/ heritage 岸野健治

 

 

日 々

 

あっという間に2月も後半戦。1日が、1週間が、1か月が本当にあっという間です。1月は環境の変化ととても寒かったので家族みな体調を崩してしまいましたが、今月にはいりあたたかい日も多くなり春のオープンを目指して試行錯誤する日々です。4月から申し込んでいる息子の保育園問題も全く動きがなく気になってます。わが家のある勝浦は田舎すぎて人口が少ないですが、福津市全体は急激に人口が増えて待機児童が多いらしいのです。あー心配。

 

下はわが家の脱衣所の建具。もちろん建具もヘリテージオリジナルデザインです。夫自ら製作。

【庭づくり】紅 梅 開 花

 

今週はお天気がよくあたたかな日が続いているので、私と息子は庭仕事に精を出しています。ここ数日のあたたかさで買ったときは全部つぼみだった紅梅が一気に咲き始めました。毎日ぽんぽん咲いて、今は八分咲きくらい。庭に出るとふわりと香って春を感じます。うれしいなー まだ庭づくりを始めたばかりであちこち土を耕してる段階ですが、何年も人が住んでいなかった土地なので土が固くごろごろ大きな石が出てきます。それでもやればやる程目に見えて綺麗になるので、とても楽しくやりがいを感じています。3年後、5年後、10年後、家のどこにいても窓の外には緑が見えるようなそんな気持ちのいい緑あふれる家に育てていきたいな。ゆっくりゆっくり頑張ります。

 

▲写真撮ってるとやたら写りたがる息子。お手伝いがんばってます!

 

 

【移転新築工事㊽】もみ殻の燻炭

 

土漆喰に混ぜるためのもみ殻の燻炭をつくっています。もみ殻はこれもまたご近所の方に譲っていただきました。感謝!もみ殻に火をいれ約一日燃やし続けました。完成したのが下の写真です。これを土漆喰に混ぜて外壁の仕上げに塗っています。

 

【移転新築工事㊼】左官職人、再び。

 

すこし時間があきましたが二月から左官職人さんが再び壁塗りに取り掛かっています。住居部分の外壁ですが、下地の白漆喰を塗ってあったうえに、仕上げとして土と漆喰を混ぜたものを塗っています。

 

 

この土というのが、以前にブログでも紹介したあの時に見つけた土です。その後、地主さんにお会いすることができて快く譲って頂いたのです。(大切に大切に使わせ頂いてます。ありがとうございました!)

 

 

実際に塗るとこんな感じです。完全に乾くともうちょっと色が薄くなるそうです。自然素材の家、清々しいです。

 

【庭づくり】いよいよ着手!

 

いよいよ念願の庭づくりをスタートしました。当初から予定していた通り、外回りは業者には頼まず自分たちで木を1本1本植えていきます。そのために、以前から雑誌や専門誌、インターネットなどで情報を収集し、勉強を重ねてきました。まずは自分たちがどんな庭にしたいのか。日当たりはどうか、水はけはどうか。落葉樹か常緑樹か。どんな色の花がどの季節に咲くのか。いろいろ調べていくうちに、どんどん楽しくなって、先日ついに植木屋で数本購入。数日前から土を耕していたので、早速少しずつ植え始めています。こうして自分たちの手で時間と手間をかけて植えていくと愛着がわいてきます。あーどんな庭になるのかわくわくどきどき!楽しみが増えました。写真は店舗の裏庭。まだ表にも庭があるので、理想のイメージに近づけるべく楽しい肉体労働は続きます。これから工事の合間に少しずつ庭づくりのお話も綴っていきたいと思います。

 

【オススメ】節分大祭

 

先日、宮地嶽神社の節分大祭へ行ってきました。渋滞したら嫌やねーということで初日の初回に!駐車場もすんなり停めれて(帰りは満車で渋滞してましたよー)、松ヶ枝餅を食べたりしつつ、豆まき大会を楽しみました。肝心の息子はまわりの大人の激しさに圧倒されて固まっておりました。神社の境内には早咲きの桜が咲いていて、寒い寒い日々の中にも春を感じる一日でした。